HR(人材)のプロがいない?
私たちが人事部改革をサポートします

人材のプロがいない? 私たちが人事部改革をサポートします。

ご存知のとおり企業は人の集まりでできています。人が事業をつくり、人が製品やサービスを生み出します。そうしたひとりひとりの活動をとおして企業の価値は高まっていきます。つまりは個人の個性や能力を高めていき、それを同じビジョンのもと発揮していける環境を整えていくことで組織は強くなります。
ヒューマンクエストは、「戦略人事のプロ」として、経営層や人事部門、事業部門の責任者が人事部門の改革を推進していくことをビジネスパートナー、アドバイザーとして支援します。私たちはこれをHRビジネスパートナー(HRBP)と呼んでいます。

「守りの人事部」から「攻めの人事部」へ体質改革

モノやサービスが売れない時代、ユーザーの価値観が多様化していく中で、人事部の役割も大きく変わろうとしています。日本では大量生産消費の時代に、合理的な判断のもと、いかに生産や業務の効率化を進めていくかというところに焦点があたり経営が行われてきました。そこでの人事部の役割は、目標達成にむけてどう社員を「管理」していくかということに重点が置かれてきました。その結果として、日本企業は生産性を高めることで競争力をつけ経済の発展に貢献してきたのですが、その反面、今でも人事部の役割といえば、人事、労務、福利厚生を管理していくものというイメージが強く残っています。

しかし、今のような変革を求められる時代においては、単に人的資源を管理するのではなく、経営戦略と歩調を合わせ人事戦略を立てていく戦略人事が求められています。つまり、これからの人事部の役割は、経営・事業戦略と連携して人事を戦略的に考えていく戦略家であり、経営戦略を社員に伝えるコミュニケーター、社員の声に耳を傾け、やる気を引き出すモチベーターなのです。

従来の人事部からこれからの人事部へ

グランドデザイン

経営層、人事部門、事業部門からなるプロジェクトチームを編成し、なぜ人事部門の改革が必要なのか、そして新しい人事部門はどうあるべきなのかを、時間をかけて共通の認識が持てるまで議論していきます。その上で、新しい人事部門の姿を描いていきます。

戦略人事を担う人材の育成

新たな人事部門には、当然これまでと違った役割が求められます。必要なスキルの習得や率先して行動していくためのリーダーシップの開発を行い、戦略人事のプロを育成します。